普賢岳初登山

2021年9月27日

雲仙神社近辺が土砂災害での被災に伴い神事のお手伝いをNPO法人有明支縁会のボランティアメンバーとして参加させていただきました。普賢岳にお静まり下さいますご神体を雲仙神社に年に一度おくだり頂くためにご神体を普賢岳から担いでお運びする重要な神事のお手伝いです。NPO法人有明支縁会のボス草野紀視子さんも細い体に鞭打って20キロのご神体を担いでおられました!神事に参加させていただけるだけでもありがたいことで、本当に感動でした😍

距離:約4.5㌔  獲得標高:約360㍍

朝7時前にNPO法人有明支縁会のボス草野紀視子さんの車で雲仙神社に到着です。
寒いかと思いましたが、さほどでもなくお昼には結構気温が上がりそうな感じでした。

神社のお隣の地獄が山からの土砂で埋まってしまってました。
お土産屋さんも完全に土砂で埋まったそうですが、今は土砂も取り除かれてました。

神社を9時過ぎに車で出発して仁田峠にやってきました。
ここから普賢岳に登るのですが、距離もそうないからと安心してたらとんでもない勾配に泣かされました。

ボスの草野さんも必死に登ってきてます😊

最後登りの急勾配には鎖まで付いてました😲

そしてやっと頂上に到着です!
あまりの景色の良さに皆さん大喜びでした😍

後ろに見えるのが平成新山で、今も白い煙が上がってました。
頂上にを満喫した後は神事に移ります。

普賢神社のご神体が収まる祠です。
宮司さんたちが慰安から神事を執り行います。

重さ20キロのご神体を担ぐ最初の方です。
若いだけ平気の様で急勾配の下りも難なく下ってました。

私も3番バッターで担がせていただきましたが、さすがにあの勾配にはふらふらでした😂

途中の山の中で写真を撮ってる方がいたので何ですかと聞いたらトリカブトの花を撮ってると言ったので撮っていいですか?と聞いたら取ってはダメですと洒落で返されました(笑)
国立公園の中のものは壊したり取って行ってはいけませんが、撮るのはOKですよ!
それにしてもこんなきれいな花が猛毒とは……😓

雲仙の街中に戻ってきたので神輿にご神体を乗せ練り歩きます。

神社に戻ってきました。

神殿に神輿と共に収まって頂きました。
一年の五穀豊穣と無病息災を祈ります。
とっても奇麗なご神体であります。

今回はボランティアのお陰で普賢岳に初登頂できました。
雲仙神社に感謝です。
また機会がありましたらよろしくお願いします🙇