遠征に行かない時に走ってる長崎のコース紹介

遠征だけのサイクリングでは身体がなまるので、ちょくちょく自宅から出発して長崎のあちこちを走っておりますが、そのコースを幾つかご紹介させていただきます。
(遠征のブログはカテゴリーの過去のサイクリングでご覧ください)

自転車を始めて最初に数十キロ走ったのは長与大草コースでした。
当時は今のように道路幅も広くなく車も少なかったので本当に走りやすいコースでした。
今は道路の拡幅工事もかなり進んで綺麗にはなりましたが、なんだか風情のない道になっちゃいましたね。

稲佐山往復コース
手っ取り早く坂に慣れるには稲佐山かと思い結構な回数を登らせてもらいました。
最初は途中で足を着いて3回ほど休憩しながら登りましたが、数回登と足を着かないで最後まで登れるようになりました。

稲佐山なんか自転車で登れるものかと思ってましたが、若くない私でも登れるようになりました😄

長崎半島大廻コース
長崎半島をどこまでいうのかわかりませんがこんな感じのコースだったら大廻かな?と思って走ってみました。

間の瀬のインターチェンジあたりからの景色
茂木に出来た新しいトンネル
千々からの景色
野母崎グリーンパークからの景色
脇岬海水浴場
夫婦岩
長崎港

長崎周回コース①
長崎港を見下ろす稲佐山と鍋冠山を廻るコースです。
二つの山を登るので少しきついですが、綺麗な眺めが最高のご褒美です。

先ずは稲佐山に登ります
この日はツツジが綺麗でした
女神大橋を通り対岸に渡ります
何時ものところで定点写真